読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「2017年にやりたいこと」

今日はちゃんとお題に取り組むことにする。

とはいえ、実はいま「やりたいこと」というのがあまりにもぼんやりとしている。

「やりたいこと」と「やるべきこと」は少し違うので、そこは分けて考えたいところだけれど、やっぱり微妙に被ってしまう感じもある。

でもやるべきこととしてはっきりしているのは「生活のシステム化」なので、また別に書きたいと思う。

・文章を書く

この数年、ツイッター以外で自分の意見や考えていることを文章として書くことをしていなかった。今年はそういう文章を書きたい。物語ではない文章を書きたい。

ブログもそうだし、映画のレビューや、ライティングの仕事もしてみたい。

小説という創作はとても楽しい。自分のことを書いているわけではないからこその楽しさがある。誰かの人生の物語をこの手で紡げることが、どれだけ楽しく素晴らしいことか、よく知っている。

だからこそ今年は、自分のことを書いてみたいと思った。誰かの物語を紡ぐことに執心して今まで見逃してきた、目を逸らしてきた自分のことをもっと考えたい。

自分を蔑ろにしたままでも小説は書けるけれど、そのままではきっと限界がくる。現に今ちょっと限界になっている。

もっと抉りたい。誰かの心に突き刺さって抜けないような文章を書きたい。揺さぶりたい。

そのために今、自分と向き合って抉れるだけ抉りたいし、内側に潜るための文章を書く時間をたくさん持ちたいと思う。 

・映画を見て、本を読む

去年は映画館とDVDで通算25本の映画を観ていた。映画フリークの人からしたら少ない本数なんだろうけど、多分私の人生の中では一番観た年になったと思う。今年も同じくらい見れたらいいなあ。

今年は実写化ものが豊作そうで、いま一番楽しみなのは「3月のライオン」。

1月は「ドクターストレンジ」、2月は「La La Land」、3月4月に「3月のライオン」、4月はエマワトソンの「美女と野獣」。

楽しみが続くなあ。他にもおすすめがあったらぜひ教えてもらいたい。

本は読みたい読みたいと思いながらkindleのカートに入ったままのとかがあるし、先日はカートどころか購入済みでダウンロードまでしておいて読んでいない本を結局紙の書籍で買ったのだった。

やっぱり紙の方が読む気が湧くから、読みたい!と思ったらもう書店で買うのが良いのかな。大きくてかさばるって分かっているのに、文庫より単行本のほうがテンションが上がってしまう。本棚も欲しい。物欲はなくならず。

・人に会う

数年単位であっていない人や、よく会う人や、会ったことがない人も含めて、いろんな人に会いたい。

1月2月はさっそく人に会う予定が詰まっていて楽しみ。京都や広島へ旅行にも行くし、ライブもあるし、春先には高知にも出かけたい。

(締め切りがないのでスケジュールを原稿に合わせて考えなくて良いのは、生活に張りがなくなってるような気もするけどだいぶ気が楽になった)

昨日会った友人たちとも話してたけど、彼女たちとはもう五年くらいの付き合いで、今は好きなものも違うのに昔と同じようにどうでも良い話をしながら美味しく酒が飲める。

そういう人たちを大切にしたいし、ここ一年くらいの出会いやこれからの新しい出会いも大切にしたい。

昔からいわゆる仲良しグループみたいなのの一箇所にいることができなくて、そのせいで「友人は多いように見えるけど実は孤立している」パターンにハマりがちなんだけど、もうこの歳になるとあまり気にならなくなってくる。

自分がどこかに所属していることに固執して他のグループの誰かと交流するチャンスを失うほうが、私にとっては損なことなんだと思う。

そこそこ仲良くしていた人たちの集まりに呼ばれなかったりするとさすがに寂しい気持ちにもなるけれど、そこがすべてじゃないんだと思っていたいし、そことは関係なく私を誘ってくれる人もいるし、私が誘いたい人もたくさんいる。

(これは完全に負け惜しみの感があるけども)

人に会って、話をして、その倍、自分ひとりの時間も大切にしたい。

 

文字を打つのが楽しくてついつい冗長になってしまう。でも、楽しいし嬉しい。

明日は仕事初めだから、今日のうちに生活のシステム化について考えておこう。